パンダ読み、キリン読みとは?

パンダ読みとキリン読みとは?

パンダ読み、キリン読みとは何か、わかりますか?^^

多読の世界ではお馴染みの言葉なのですが、
初めて聞く方には何が何やらだと思います(^^;

そこで今日は、
パンダ読みとキリン読みについてご説明します(^o^)/

スポンサーリンク

SSS式英語多読をしていると、
たまに今読んでいるレベルが苦しく感じられたり、
すらすら本を読めていない気がする時があります。

そんな時に、
パンダ読みやキリン読みをすると解消したりします。

パンダ読みとは、
自分が今読んでいるレベルより下の本を読むことです。

こうすることで、
すらすら読める間隔を取り戻せたりします。

レベルをアゲアゲで読んでいると、

「う~、ちょっと英語がしんどい・・・」

とか、

「読み疲れてきて英語が気持ちよく読めない」

とか、そういうことが起こりがちです。

そんな時にパンダ読みをすると効果絶大。

煮詰まった本も読みやすくなったりします。

逆にキリン読みとは
自分が今読んでいるレベルより上の本を読むことです。

少し上の憧れの本を読んでみたりすることで、
いい刺激になったりします。

とは言え、初心者のうちは特に
あまりキリン読みで頑張りすぎてしまうと、
読み疲れのもとになってしまうこともあります。

あくまでも無理は禁物。

パンダ読みとキリン読みを上手に取り入れて、
気ままに読書を楽しんでくださいね(^^♪

スポンサーリンク
レクタングル(大)
レクタングル(大)

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする


コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です