芦田愛菜 の 義務教育 は大丈夫か 文部科学省 ( 文部省 )の 意見

「 芦田愛菜 ちゃんの 義務教育 は大丈夫なのか?」

それに対して 文部科学省 ( 文部省 )の 意見 が掲載されていました。

確かに、今 芦田愛菜 ちゃんは、
義務教育 に対して心配する声が上がってもおかしくないぐらい、
ドラマにバラエティー、さらにCDデビューまで果たし、
特にテレビではCMを含めて完全に引っ張りだこ状態。

芦田愛菜 ちゃんの可愛い笑顔が見られるのは嬉しいですが、
芦田愛菜 ちゃんはまだ、
今年の春に小学校に入学したばかりの一年生。

こう毎日テレビで見かけることが多くなると、
子供がいらっしゃる 主婦 の方ならなおさら、
学校の 義務教育 は大丈夫なのかな?
とか、ふと心配になってしまいますね^^;

Happy Smile!(初回限定盤)(DVD付)

スポンサーリンク

かつて 芦田愛菜 ちゃんと同じく、
「天才子役」として活躍した安達祐美さんでさえ、

「(働き過ぎで) 芦田愛菜 ちゃんが心配になる」

と語っていたほど。

特に、CMの記者会見は
ニュース番組をメインターゲットにしていることから、
必然的に平日の日中、
それも午前中など早い時間になってしまいます。

収録や撮影ならともかく、
ここ最近 芦田愛菜 ちゃんが登場しているイベントは、
CM会見、CD発売記念イベント、
「東京ドラマアウォード2011」授賞式などなど、
どれも平日日中のイベントばかり。

はたして、 芦田愛菜 ちゃんの 義務教育 は大丈夫のでしょうか?

「 義務教育 」という言葉には、
当然「児童に就学をさせる義務」が含まれていて、
この義務に関しては保護者の責任です。

でも、 芦田愛菜 ちゃん本人が

「学校に行くより仕事がしたい」

という意思を持っているのであれば、その限りではないそうです。

それに対しての 文部科学省 ( 文部省 )の 意見 は

「確かに児童自らが欠席を選択しているのであれば、
罰則等が発生するということはありません。
ただ、例えば保護者が仕事を強制しているということが明らかとなれば、
市町村の教育委員会を通じて督促が行われるケースはあります」

とのこと。

督促に応じなかった場合は罰金が発生するとのことです。

芦田愛菜 ちゃん本人が芸能活動を優先しているのか、
両親や所属プロダクションがそうしているのかはわかりません。

ただ、

「あくまでも中学を卒業するまでは、
保護者は『通学をさせる義務』が前提として存在する」

と言う 文部科学省 ( 文部省 ))の
義務教育 についての話にもあるように、
少なくとも就業時間に会見やイベントを組み込むことは
決して褒められた話ではありません。

芦田愛菜 ちゃんの笑顔が壊れないように、
周囲の大人たちにも気を配って欲しいですね(>_<)

スポンサーリンク
レクタングル(大)
レクタングル(大)

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする


コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です