iPhone の 液晶 が 割れた ときの3つ の 修理 方法 とは?

iPhone の 液晶 が 割れた ときの3つの 修理 方法 とは?

iPhone の 液晶 が 割れた ときの3つの 修理 方法 とは?

・・・あまり考えたくないですが、

「 iPhone の 液晶 が 割れた 」

と言うケースは意外に多いようです(^^;

と言うわけで、
iPhone の 液晶 が 割れた ときの3つのの 修理 方法 と、
そのメリット・デメリットについてまとめてみました^^

スポンサーリンク

修理 方法 1 アップルストアで 修理 してもらう

iPhone の 液晶 が 割れた ときの3つの 修理 方法 とは? アップルストア

やっぱり王道はコレですね(笑)

アップルの公式サポートサービスを利用する方法です^^

アップルストア にはGenius Barと言う、
iPhone の 修理 や使い方の相談などを受けられる場所があります。

Genius Barは事前予約も可能で、
かつ優先的に対応してくれるので、
修理 交換がかなり楽^^

Genius Barについて詳しくはこちら
http://www.apple.com/jp/retail/geniusbar/

ただし、参考価格はこんな感じで↓若干高めです(^^;

[参考価格]
iPhone4:9,800~22,800円
(AppleCare+非加入の場合)

※8,800円の「AppleCare+」というサービスに加入しておくと、
2回まで無償修理をしてくれます。

[要注意ポイント]

海外版の iPhone 4Sについて、
どの国のモデルかによっては、
日本国内で 修理 交換できない場合があるそうです(^^;

[日本での交換受付が可能なiPhone 4Sの製造国]

・中国
・ヨーロッパ
・香港
・インド
・インドネシア
・日本
・マレーシア
・フィリピン
・シンガポール
・韓国
・台湾
・タイ
・ベトナム

※ iPhone の設定>一般>情報で表示される『モデル』に記載される番号から、
どの国のモデルか調べて貰う事が可能です。

国内 修理 交換NGのケースだと、
北米版の iPhone については、
北米以外での 修理 受付ができない、などの例があります。

海外版の iPhone をご利用の方は、
万が一の場合に備えて日本国内での 修理 交換可能かどうか、
確認しておいた方がいいかもしれませんね(^^;

修理 方法 2 非正規の 修理 専門店で 修理 してもらう

iPhone の 液晶 が 割れた ときの3つの 修理 方法 とは? 非正規の 修理 専門店

iPhone の 修理 を専門とする、
非正規のショップを利用する、と言う 方法 です。

参考価格は iPhone 4Sの場合で9,000~13,000円。

アップルストア を利用するよりも、
かなり安くなるのが魅力ですが、
非正規のショップを利用して 修理 すると、
アップルの正規サポートを一切受けられなくなってしまいます。

また、例えば iPhone の 液晶 が 割れた 場合、
iPhone のほぼ全てのパーツを外す必要があるのだそうで、
液晶 が治っても他の部分がおかしくなる危険性が高まる、
と言う注意点もあります(^^;

修理 方法 3 自分での分解・ 修理 は避けましょう(^^;

iPhone の 液晶 が 割れた ときの3つの 修理 方法 とは? iPhone の自己 修理 キット

ネットで紹介されている、
「 iPhone の自己 修理 キット」は、
修理 費用が非常に安い一方で、
デメリットやリスクが大きすぎるので、
はっきり言っておすすめできません(^^;

「自分で 修理 してはいけない大きな理由」としては、
携帯電話を分解 修理 するので、「改造した」とみなされ、
電源を入れるだけで電波法違反となってしまう場合もあります。

また、仮に 修理 できたとしても、
液晶の色合いが変わってしまう可能性は非常に高いです(>_<)

さらにはアップルの公式サポートも受けられなくなるし、
と、かなりデメリットが大きいので、
自分で 修理 は避けましょう(^^;

と、3つの 修理 方法 についてご紹介しましたが、
やはり多少高くてもアップルの正規サポートを受けるのが
iPhone を快適に使うためには一番よさそうですね。

とにかく、いずれの 方法 を取るにしても、
壊さないのが一番ベストな 節約 になるので(笑)、
iPhone は大切に使いましょう~。

スポンサーリンク
レクタングル(大)
レクタングル(大)

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする


コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です