ひるおび で 特集 八代 弁護士 による 友人 間 の 借金 トラブル 解決法

ひるおび で 八代 弁護士 による

「 友人 間 の 借金 トラブル 解決法 」

について 特集 していました^^

ひるおび で 特集 八代 弁護士 による 友人 間 の 借金 トラブル 解決法

友人 との 借金 トラブル はできれば避けたいですが、
もしものときに知っていて損はないと思うので、
ひるおび で 特集 していた 八代 弁護士 による

「 友人 間 の 借金 トラブル 解決法 」

についてご紹介します(^o^)/

スポンサーリンク

例1:「いつでもいい」と貸したお金を催促するのは詐欺?

◆問題◆
主婦 Aは 友達 の 主婦 Bに

「生活が苦しいのでお金を貸して欲しい」

と頼まれました。

主婦 Aは

「返すのはいつでもいいわよ」

と貸してあげましたが、
なかなか 主婦 Bから連絡が来ません(^^;

悩んだあげく、 主婦 Aは、

「子どもが入院することになったからお金を返して」

と、嘘をついて 借金 返済の催促をしました。

これは詐欺罪になるでしょうか?

◆ 八代 弁護士 の答え◆
「詐欺にはなりません」

「いつでもいい」

と言って貸したお金は、
実は貸した側が

「返して」

と言ったら「いつでも」返さなければならないそうです。

なので、基本的にはこのときに嘘の事情
(この場合「子どもの入院」ですね)を言ったとしても、
詐欺罪にはならないそうです。

例2:借金の代わりに預かったブランド物バッグの差額はどうなるか?

◆問題◆
主婦 Aは 主婦 Bから、

「2ヵ月後には返すから10万円貸してほしい」

と頼まれ、貸してあげました。

ところが、約束の2ヵ月後、
主婦 Bに

「どうしても 借金 10万円返せそうにない」

と言われ、

「このバッグ、20万円で買ったから、 借金 の代わりにして欲しい」

と言われました。

主婦 Bが 借金 の倍の値段で購入した、
と知った 主婦 Aは

「わかったわ」

と言い、 主婦 Bからバッグを預かりました。

ところが、早速 主婦 Aがバッグを持って買い取りショップに行くと、

「人気のないモデルなので、8万円にしかならない」

と言われてしまいました。

主婦 Aは、差額の2万円を 主婦 Bから返してもらえるでしょうか?

◆ 八代 弁護士 の答え◆
「返してもらえない可能性が高いです」

ポイントは、今回 主婦 Bが

「 借金 の代わりに」

と言ってバッグを差し出していること。

そして、それに対して 主婦 Aが承諾していることです。

この場合、代物弁済と言って、
借りた側(つまり 主婦 A)が承諾した上で
主婦 Bが「 借金 の代わり」としてバッグを差し出し、
それを 主婦 Aも了承しているので、
その時点で 借金 が返済された、と見なされることになります。

ただ、日本語の表現は非常に微妙で、
このときに、もし 主婦 Bが

「このバッグを 借金 に当てて」

と言った場合は、
主婦 Bは 借金 分相当の支払いをしなければならず、
差額を支払わなければならないんだとか(^^;

でも、そんな細かい言い回し、いちいち覚えていられないですよね?

もし、片方が覚えていたとしても、

「言った」「言わない」

で トラブル になるのは目に見えてます(^^;

それを避けるためには会話を録音するとか、
一筆書いてもらうとか、そういう対処が必要になるんでしょうけど、
それより何より一番いいのは、
友人 間 で 借金 をしない、と言うことだと思います( ̄▽ ̄;)

スポンサーリンク
レクタングル(大)
レクタングル(大)

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする


コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です