夏着物を涼しく着るための4つの方法 その1~ 夏 着物 用の和装小物を使用する~

「 夏 の 着物 はご勘弁!」

昔から 夏 の 着物 って敬遠されがちですが、
夏 着物 はなんとも美しくはかなげで、
それでもなんとか 涼しく 着たい!と思ってしまうような、
なんとも言えない魅力があるもの。

それに、うだるような暑い日に、
涼しげ に 夏 着物 をぱりっと着こなしている人ってとてもステキ。

夏 の 着物 も着方次第でぐっと 涼しく 着ることができるのです。
今日は「私流・ 夏 着物 を 涼しく 着る 方法 」をご紹介します(^-^)/

スポンサーリンク

夏着物を涼しく着るための4つの方法 その1
~ 夏 着物 用の和装小物を使用する~

去年までは私も普段用の和装小物を使用していたんですけど、
これ、使うと使わないじゃ全然 涼しさ が違います!

絶対にそろえた方がいいと思うのは、
コーリンベルトと伊達締めと帯板ですね。
夏用にメッシュ素材のものが出ているので、
これだけでも結構 涼しく 着られます。

着物 だと帯周りがどうしてもムレるので、
できるだけ風通しをよくしたい(^^;

帯枕は浴衣用なんかの半幅帯を使い回せばいらないですが、
夏用の名古屋帯を締めたい場合は
夏用の帯枕も持ってた方が 涼しく 過ごせると思います。

ヘチマが一番いいらしいですが、
私は麻のものを使ってます。

名古屋帯を締めるとなると、
夏用の帯揚げとか帯締めとかも買わなきゃ!ってなりがちですが、
帯揚げだってスカーフとかで十分代用可能だし、
要は普段着に着る分には「涼しく見えればヨシ!」なんですよ(笑)

ちなみに、私は夏用の帯締めは持ってません。
帯留めが好きなので、三部紐オンリー。

そんなわけで今日は、
金魚の帯留めに、金魚の根付でお出かけしてきました♪

だって、金魚って季節関係ないらしいけど、
どうも夏の風物詩って気がするんですもの~(^^;
夏こそ使いまわさなきゃ!って思っちゃうんですよね(笑)

その2はこちら

スポンサーリンク
レクタングル(大)
レクタングル(大)

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする


コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です