東野圭吾 容疑者Xの献身 が エドガー賞 候補 に

東野圭吾 先生の
「 容疑者Xの献身 」が、
エドガー賞 候補 に選ばれたそうですヾ(´▽`)ノ

容疑者Xの献身 (文春文庫)

スポンサーリンク

東野圭吾 先生の
「 容疑者Xの献身 」と言えば、
フジテレビのドラマ「ガリレオ」の映画版として、
2008年に福山雅治さん主演で映画化もされました(^^♪

容疑者Xの献身 スタンダード・エディション [DVD]

私は「 容疑者Xの献身 」の映画版を観たんですけど、
どんでん返しにつぐどんでん返しに
ものすごく衝撃を受けたのを覚えてます^^

東野圭吾 先生の「 容疑者Xの献身 」原作は、
2006年に国内で直木賞を受賞しているのですが、
昨年にいつの間にか海外版も出版されていたんですね~。

エドガー賞 と言う名前で
ピンと来た方もいらっしゃると思いますが、
もちろん「 エドガー賞 」と言う名前は、
「モルグ街の殺人」で有名な
19世紀のアメリカ作家エドガー・アラン・ポーからとったもの。

エドガー・アラン・ポーは、
「黒猫」のような怪奇小説も有名ですが、
推理小説のジャンルを確立したと言われるほどの大作家!

なので、 エドガー賞 は
「ミステリー界のアカデミー賞」とも呼ばれる、
大きな賞なんですね^^♪

かつて、ミステリ作家の桐野夏生先生も
「OUT(アウト)」で
日本人作家初の エドガー賞 候補 となりました。

おしくも受賞は逃してしまいましたが、
それでも日本のミステリがそれだけ海外で注目されるようになった、
と言う事実はすごく嬉しいですね(^^♪

エドガー賞 の選考結果は4月26日発表とのことです^^

スポンサーリンク
レクタングル(大)
レクタングル(大)

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする


コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です