ハリポタ1巻原書版ではロンとハーマイオニーがちょっぴりハリーに冷たかった件

Harry Potter and the Philosopher's Stone (Harry Potter 1)ハリー・ポッターと賢者の石(携帯版)

「ハリポタ1巻原書版ではロンとハーマイオニーがちょっぴりハリーに冷たかった件」

と題しまして、
今回はハリーに対するロンとハーマイオニーの接し方の話です。

興味のある方は続きをどうぞ。

スポンサーリンク

「スネイプに本を返してもらってくる」と言ったハリーに対して二人は・・・

と言うわけでまずは翻訳から。

スネイプに本を取り上げられたハリーは、
ロンとハーマイオニーに本を返してもらってくる、
と宣言します。

ハリーは立ち上がり、本を返してもらってくる、と二人に宣言した。
「一人で大丈夫?」
あとの二人が声を揃えて言った。

「ハリー・ポッターと賢者の石」携帯版266ページより引用

こちらだとロンとハーマイオニーが
ハリーの身を案じてくれているような感じがします。

この部分、原書ではこうなってます

Getting up, he told Ron and Hernuone he was going to ask Snape if he could have it.
‘Rather you than me,’they said together,

「Harry Potter and thePhilosopher’s Stone」UK版195ページより引用

問題のロンとハーマイオニーのセリフに当たる部分は、

‘Rather you than me.’

どちらかと言うと、

「そんな怖いことに巻き込まれなくてよかった」
「まぁ、がんばって」

という感じのドライな言い方です(^^;

こんな感じで訳してみました

ハリーは立ち上がり、本を返してもらってくる、と二人に宣言した。
「まあ、がんばって」
二人は声を揃えて言った。

翻訳版だとロンとハーマイオニーが
ハリーの身を案じてくれているような感じがしますが、
原書だとイギリスらしいというか、
二人の態度がちょっとドライで
面白い雰囲気がありますね^^

スポンサーリンク
レクタングル(大)
レクタングル(大)

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする


コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です