【ハリポタ1巻】スネイプは猫なで声で話しているのではない?

Harry Potter and the Philosopher's Stone (Harry Potter 1)ハリー・ポッターと賢者の石(携帯版)

「スネイプは猫なで声で話しているのではない?」

と題しまして、
今回はスネイプの初授業のシーンからです。

興味のある方は続きをどうぞ。

スポンサーリンク

スネイプは猫なで声で話す?

と言うわけでまずは翻訳から。

ハリーたちが初めて
スネイプの魔法薬学の授業を受けるシーンです。

 「ああ、さよう」猫なで声だ。「ハリー・ポッター。われらが新しい―――スターだね]

「ハリー・ポッターと賢者の石」携帯版202ページより引用

この、「猫なで声」という言い方がちょっと気になりました。

念のためWeblio辞典で見てみると、猫なで声とは

「優しげで媚を含んだ声の様子を指す表現。」

となっています。

スネイプはハリーに媚びているわけではないので、
ちょっと原文と読み比べてみることにしました。

この部分、原書ではこうなってます

‘Ah, yes,’he said softly, ‘Harry Potter. Our new-celebrity.’

「Harry Potter and the Philosopher’s Stone」UK版146ページより引用

「猫なで声」に当たる部分は he said softly。

つまり、「柔らかな声で言った」となってます。

こんな感じで訳してみました

 「ああ、さよう」スネイプは柔らかな声で言った。ハリー・ポッター。われらが新しいーーースターだね」

ハリー・ポッターでハリーに度々辛く当たるスネイプ先生。

柔らかな声で話しておいて、
ネチネチと意地悪をする陰険な感じが伝わってきますね(^^;

スポンサーリンク
レクタングル(大)
レクタングル(大)

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする


コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です