「陰口を言う」って英語で何て言う?

Harry Potter and the Chamber of Secrets (Harry Potter 2)ハリー・ポッターと秘密の部屋 携帯版

「陰口を言う」って英語で何て言うか、ご存知ですか?^^

ぴったりの言い回しがハリポタ2巻にあったので、
ご紹介します(^o^)/

スポンサーリンク

嘆きのマートルはトイレで・・・

今回の問題のシーンはこちら。

ハリ^、ロン、ハーマイオニーの3人が、
初めて嘆きのマートルのトイレに入ったシーンです。

‘I wish people would stop talking behind my back!’ said Myrtle, in a voice choked with tears. ‘I do have feelings, you know, even if I am dead.’

「Harry Potter and the Chamber of Secrets」165ページより引用

ここに出てくる behind someone’s back という言葉。

これは誰かに隠れて、誰かに秘密にして
何かをしたり言ったりすることを言います。

それに talking がついて、
「陰口を言う」という意味になります。

こんな感じで訳してみました

「皆、私の陰口を言うはやめて欲しいの」マートルは涙で声をつまらせながら言った。「私は確かに死んでるけど、感情はちゃんとあるのよ」

この部分、翻訳ではこうなってます

「みんな、私の陰口を言うのはやめてほしいの」マートルが涙で声を詰まらせた。
「わたし、たしかに死んでるけど、感情はちゃんとあるのよ」]

「ハリーポッターと秘密の部屋」携帯版234ページより引用

マートルでなくても
陰口を言うのはやめましょうね(^^;

スポンサーリンク
レクタングル(大)
レクタングル(大)

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする


コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です