「爪の垢でも煎じて飲め」って英語で何て言う?

Harry Potter and the Chamber of Secrets (UK)(Paper)(2)Adult Editionハリー・ポッターと秘密の部屋 携帯版

「爪の垢でも煎じて飲め」って
英語で何て言うかご存知ですか?^^

ハリポタ2巻「ハリーポッターと秘密の部屋」の原書に
ぴったりな表現があったのでご紹介します。

スポンサーリンク

空飛ぶ車を持ち出した息子たちにウィーズリーおばさんは・・・

問題のシーンはこちら。

物語の序盤、空飛ぶ車を持ち出して
ダーズリー一家からハリーを助け出した
ウィーズリー家のフレッド、ジョージ、ロンの3人に
ウィーズリーおばさんが雷を落とすシーンです。

‘Beds empty! No note! Car gone…could have crashed……out of my mind with worry…did you care? …never, as long as I’ve lived…you wait until your father gets home, we never had trouble like this from Bill or Charlie or Percy…’
‘Perfect Percy,’ muttered Fred.
‘YOU COULD DO WITH TAKING A LEAF OUT OF PERCY’S BOOK!’

「Harry Potter and the Chamber of Secrets」UK版30ページより引用

こんな感じで訳してみました

「ベッドは空っぽ!メモもない!車は消えてる・・・事故でも起こしたかもしれない・・・心配で心配で気が狂いそうだった・・・わかってるの?こんなことは初めてだわ・・・お父さんが帰ったら覚悟なさい。ビルやチャーリーやパーシーはこんな苦労はかけなかったのに・・・」
「監督生(prefect)パーシーじゃなくて完璧(perfect)パーシーだな」フレッドがぼそりと言った。
「パーシーの爪の垢でも煎じて飲みなさい!」

ここで出てくる take a leaf out of one’s book
もちろん文字通りの意味ではなく、
「(成功した人)を見習え」という意味があるようです。

leaf は葉っぱの leaf ではなく、
ここでは「書物の一枚」という意味で使われています。

でも、ウィーズリーおばさんの権幕だと、

「パーシーの爪の垢でも煎じて飲みなさい!」

という訳がしっくりくるような気がします。

パーシーは監督生(prefect)なのですが、
ウィーズリー家の主に双子はつづりの似ている perfect を持ち出して、

Perfect Percy」

とからかうシーンが度々出てきます。

そこでルビを使ってこんな訳にしてみました。

・・・意訳しすぎかな?(^^;

この部分、翻訳ではこうなってます

「ベッドは空っぽ!メモも置いてない!車は消えてる!・・・事故でも起こしたかもしれない・・・心配で心配で気が狂いそうだった。・・・わかってるの?・・・こんなことは初めてだわ。・・・お父さまがお帰りになったら覚悟なさい。ビルやチャーリーやパーシーは、こんな苦労はかけなかったのに・・・」
「完璧・パーフェクト・パーシー」フレッドがつぶやいだ。
「パーシーの爪のあかでも煎じて飲みなさい!」

「ハリーポッターと秘密の部屋」携帯版50ページより引用

翻訳でもそうなっているところを見ると、
翻訳者の方もそう感じたのでしょうね^^

日本語では「爪の垢」ですが、
英語では「書物の一枚」と例えられてるのが面白いですね。

スポンサーリンク
レクタングル(大)
レクタングル(大)

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする


コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です