「滅茶苦茶」って英語で何て言う?

Harry Potter and the Chamber of Secrets (Harry Potter 2)ハリー・ポッターと秘密の部屋 携帯版

「滅茶苦茶」って英語で何て言うかご存知ですか?^^

ハリポタ2巻にぴったりの言い回しがあったので、
ご紹介します(^o^)/

スポンサーリンク

ピクシーを教室に放したら?

今回の問題のシーンはこちら。

闇の魔術に対する防衛術の新教師ロックハート先生が、
教室にピクシーを持ち込んだシーンです。

ロックハート先生がピクシーのかごを開くと・・・。

と言うわけで、まずは原書から。

 It was pandemonium. The pixies shot in every direction like rockets. Two of them seized Neville by the ears and lifted him into the air. Several shot straight through the window, shwering the back row with broken glass. The rest proceeded to wreck the classroom more effectively than a rampaging rhino. They grabbed ink bottles and sprayed the class with them, shredded books and papers, tore pictures from the walls, upended the waste bin, grabbed bags and book and throw them out of the smashed window; within minutes, half the class was sheltering under desks and Neville was swinging from the candelabra in the ceiling.

「Harry Potter and the Chamber of Secrets」UK版107ページより引用

ここで出てくる pandemonium という単語は、
「大混乱(の場所)」という意味。

「It was a real pandemonium!(ほんとにメチャクチャだったのよ!)」

という感じで、
日常会話でもよく使われる表現のようです。

こんな感じで訳してみました

 それはもう、滅茶苦茶だった。ピクシーはロケットのように四方八方に飛び散った。そのうち2匹がネビルの両耳を引っ張って空中に吊り上げた。数匹が窓ガラスを破って外に飛び出し、後ろの席の生徒にガラスの破片の雨を浴びせた。教室に残ったピクシーたちの破壊力と言ったら、暴走するサイよりすごい。インク瓶をつかんで教室に中身をぶちまけるわ、本や紙を引き裂くわ、壁の写真を引きはがすわ、ゴミ箱をひっくり返すわ、本やカバンを奪って破れた窓から外に放り投げるわ―――数分後、クラスの半分は机の下に避難し、ネビルは天井からつられたシャンデリアからぶら下がって揺れていた。

この部分、翻訳ではこうなってます

 上を下への大騒ぎ。ピクシーはロケットのように四方八方に飛び散った。二匹がネビルの両耳を引っ張って空中に吊り上げた。数匹が窓ガラスを突き破って飛び出し、後ろの席の生徒にガラスの破片の雨を浴びせた。教室に残ったピクシーたちの破壊力ときたら、暴走するサイよりすごい。インク瓶をひっつかみ、教室中にインクを振り撒くわ、本やノートを引き裂くわ、壁から写真を引っぺがすわ、ごみ箱はひっくり返すわ、本やカバンを奪って破れた窓から外に放り投げるわ―――数分後、クラスの生徒半分は机の下に避難し、ネビルは天井のシャンデリアからぶら下がって揺れていた。

「ハリーポッターと秘密の部屋」携帯版151ページより引用

翻訳でも

「上を下への大騒ぎ」

となってますから、
ピクシーが教室中に飛び散って
大混乱になっている様子がうかがえますね(^^;

スポンサーリンク
レクタングル(大)
レクタングル(大)

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする


コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です