Wimoon風布ナプキンを、ほぼ手縫いで作ってみた(画像あり)

最近にわか断捨離ブームの私ですが、
せっかくなので断捨った洋服で布ナプキンを作ってみました^^

Wimoon風布ナプキン作ってみた(画像あり)裏面

じゃん!

夏らしくイルカさんの柄でございます( ´艸`)

Wimoonの布ナプキン(ロングタイプ)が好きなので、
手持ちのもので直接型をとってます^^

その他の画像は続きにどうぞ~U。・x・)ノ

スポンサーリンク

表面はこんな感じです↓

吸収体として、
私はボロタオル2枚を間に縫いこんでます。

今回のやつは手持ちのWimoonから大体の大きさを割り出して、
「18.5cm×6.5cm」の大きさに切ったものを2枚重ねて、
返し縫で表面の布にえっちらおっちら縫い付けました(^◇^;)

ちなみに生地はトレーナー生地のヨガパンツです。

肌に触れる面なので、
気持ち的にTシャツやトレーナー生地など、
コットン系の生地の方がいいような気がします。

フリースのパジャマでも作ったことがありますが、
どうもあまり好きになれないような(^^;

ミシンの方が速いんでしょうが、
私の場合細かい作業は失敗する率が高いのと、
タオル生地がミシンに絡まりそうな気がするので、
基本的に手で縫ってます。

細かい作業の場合、
ミシンで失敗すると大変、と言うのもある( ̄▽ ̄;)
(私が不器用なだけですが(笑))

表面にタオルを縫い付けた後、
裏面との間に透湿防水布を挟んでいるので、
多い日でもそんなに漏れません(^^)v

注意点としては、
透湿防水布に穴が空いてしまうと意味ないので、
待ち針とか端っこの方に打つようにするぐらいでしょうか。

最初、Wimoonと同じく
ロックミシンでふちをぐるっと縫って仕上げようとしたのですが、
ぶっつけでロックミシンかけたのがまずかったのか、
グダグダになってしまったのでバイアステープでごまかしました( ̄▽ ̄;)

ロックミシンで仕上げる場合は、
多分一度直線縫いで周りを塗ってから
ロックミシンをかけた方が失敗しないかも(^^;

バイアステープは
私の場合手縫いの方がキレイに仕上がる(気がする)ので、

①裏面側にバイアステープの片側を縫い付ける

②表面側をまつり縫いして仕上げる

という感じで手縫いでつけてます。

ちょっと目測誤ったので、
表面の方がバイアステープ幅広になってしまった(^^;

そして、Wimoonをお使いの方はわかると思いますが、
Wimoon布ナプキンの魅力はなんと言ってもコンパクトにたためるところ。

これももちろん・・・

Wimoon風布ナプキン作ってみた(画像あり)たたんだところ

こんな感じでたためます( ̄ー ̄)b

今回、初めてこちらのマルチプライヤーを使ったのですが、
すっごい便利!

河口 マルチプライヤー パーツ付
河口 マルチプライヤー パーツ付

今までえっちらおっちら縫い付けていたのに、
ホチキスのような感じであっと言う間につけられます。

金具が金属製なので、
金属アレルギーの方は避けた方がいいかもですが、
そうでない方にはオススメです^^

スポンサーリンク
レクタングル(大)
レクタングル(大)

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする


コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です