おバカな兄と賢い弟が殺人事件を解決!「The French Confection(Diamond Brothers #4)」

The French Confection (Diamond Brothers)

YL4.0 15,000語

ある朝食べようとしたイチゴ味のヨーグルトの裏蓋に、

「ご当選。お二方、週末パリ旅行にご招待」

の文字が!

喜んでパリ旅行に行った二人だったが、
兄Timの余計な一言がきっかけで、
車中で知り合った人物に何かを手渡される。

「Mad Americanに気をつけろ」

との言葉を残して・・・。

さらにその人物は転落死してしまい、
TimとNickの二人は執拗に命を狙われ始める・・・。

スポンサーリンク

どうも最近YL2が進まないので、
思い切ってYL4の本を手にとってみました(^^;

Diamond Brothersシリーズは、
イギリスの人気作家Anthony Horowitzによる
コメディミステリシリーズです。

1~3巻が3倍ぐらいの厚さがあり、
語彙レベルも高く難しいので、
4巻以降から手に取るのがベターです。

とにかくこのシリーズは、
イケメンで元警官の私立探偵でありながら、
とんでもなくおバカな兄・Timと、
若干13歳でありながら、
クールで頭の回転の早い弟・Nickの
漫才のような掛け合いが絶妙です。

そして、児童書でありながら、
殺人事件にスリルに意外な犯人、と、
大人顔負けの事件が展開します。

挿し絵がないので、
敷居が高く感じるかもしれませんが、
ストーリーの展開が早いので、
さくさく読めると思います。

Nickの皮肉めいた生意気な語り口も
いい味出してます。

実の兄のことを

「パリが好きな人は、
Timと一緒に行ってないからそんなこと言えるんだ」

とか散々言ってますからね(^^;

ちなみに、ちらっと聞いた話ですが、

「ヨーグルトでパリ旅行にご招待!」

と言うのは、

「日本人は豆ばかり食ってる」

と思われているのと同様に、

「フランス人はヨーグルトばかり食ってる」

という偏見があるんだそうです( ̄▽ ̄;)

それを見越したジョークなんですね(^^;

私はこのシリーズ大好きなのですが、
最近翻訳もされたようです↓

ダイヤモンドブラザーズ〈ケース4〉空とぶフランス菓子

別の巻ですが、こちらで試し読みもできますよ^^

お得な合本はこちら↓

KIndle版の合本はこちら↓

スポンサーリンク
レクタングル(大)
レクタングル(大)

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする


コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です