僕は誘拐された王子かも!? 「Kidnapped at Birth?(Marvin Redpost#1)」

Marvin Redpost #1: Kidnapped at Birth? (A Stepping Stone Book(TM))

YL2.5-3.5 5,209語

Marvin Redpostは9歳。

家族の中で自分だけが
青い瞳に赤い髪をしていることから、

「もしや自分はこの家の子供じゃないのかも」

と思うように。

そんな時にShampoonの王様が、
生まれた時にさらわれた王子を探してると言うからさあ大変!

行方不明の王子はMarvinと同じく
青い瞳に赤い髪で、9歳のはずだからだ。

Marvinは悩んだ挙げ句、
一緒に住んでいる「両親」に
「真実」を伝えようとするが・・・。

スポンサーリンク

以前ご紹介したMarvin Redpostシリーズ1巻です。
再読したので改めてこちらでご紹介しました。

このMarvin Redpostシリーズは、
タドキストさん(英語多読をする人をこう呼びます)の間でも、
評価が高いシリーズなのですが、
最初ストーリーを読んだ時はあまりピンと来ず、
ずっと読まずにいました。

なんと言うか、

「Marvin君、思い込み強すぎ!」

と思ってしまって(^^;

でも、そこはルイス・サッカー。

自分はShampoonの王子かも?
でも、そうなると今一緒に住んでいる両親は?

と、真剣に思い悩むMarvinの心情を、
YL2のやさしい英語で色鮮やかに描いてくれます。

Marvinが思い悩んだ上に出した決断はもちろんですが、
ちょっとどきりとさせるラストも心憎いです。

そして、何よりもMarvinの家族が魅力的。

特に息子の話を決して笑い飛ばさず、
最後まで付き合うMarvinの両親には脱帽です。

この家族はシリーズ中で、
いじめなどの問題にも取り組んでいきますが、
その解決方法や家族の絆に心が温かくなります。

是非、巻数順に読んでほしいシリーズです。

↓Kindle版はこちら

スポンサーリンク
レクタングル(大)
レクタングル(大)

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする


コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です