アクの強い登場人物が楽しい「Nate the Great and the Hungry Book Club」

Nate the Great and the Hungry Book Club

YL1.7 2,817語

ある日 Nate のところに
strange な Rosamond がやってくる。

ブッククラブを始めたのだが、
何者かが自分が使っていたレシピ本を破いていったので、
その犯人を捕まえて欲しい、と。
Nate はなんだかんだ事件を引き受けることに。

潜入捜査として Rosamond のブッククラブに行くのだが、
なんと今度は別の本で
ページが一枚何者かによって引き抜かれていたことが判明。

Rosamond は、購入した時は確かにページはあったと言う。

犯人は誰なのか?
同一犯の犯行なのか?

スポンサーリンク

友人から借りた Nate the Great の新刊です♪

以前ご紹介した Olivia Sharp
いとこ、 Nate the Great のシリーズですが、
Nate はお坊ちゃまではありません。

主人公Nateは小学校低学年ぐらいの外見ながら、
トレンチコートと帽子を身につけ、
名探偵を気取ります。

ハードボイルドな口調で話しますが、
出かける時は必ずママに置き手紙。

未成年なのでお酒は飲みませんが、
大好物のパンケーキで推理が冴えます。

この Nate the Great のシリーズ、
主人公はもちろんのこと、
登場人物が一癖も二癖もあり、
読んでてなかなか面白いです。

strange は Rosamond はもちろんですが、
誰彼構わず後を追いかけるOliver、
飼い犬の Fang が可愛くて、
いつも一緒にいる Annie 、
しょっちゅうものをなくす Clande 、などなど。

なのでブッククラブを開いても、

「主人公が全然ものをなくさないのでつまんないです( by Claude)」

とか平気で言うし(笑)

そんな意見が聞きたいんじゃない!
って感じです(笑)

相変わらずNateの推理は冴えていて、
なるほど!と思わせる部分もあるのですが、
最後はNateが推理を説明せずに
考えさせる形になっているので、
少し難しいです。

このシリーズはどの巻からも読めますが、
巻を追うごとに英語が難しくなります。

1巻から読み始めると、
いつの間にかYL2が読めるようになる、
というお得なシリーズです♪

スポンサーリンク
レクタングル(大)
レクタングル(大)

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする


コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です