道に迷ったねずみたちが泊まった家の主は・・・?こいでたんの「とんとんとめてくださいな」

とんとん とめてくださいな (幼児絵本シリーズ)

「なぜその絵本を読み聞かせたのかシリーズ」、
今回はこいでたんさんの「とんとんとめてくださいな」をご紹介します(^o^)/

スポンサーリンク

なぜこの絵本を読み聞かせたのかと言うと、
私が子どもの頃好きだった絵本だからです。

泊り客がどんどん増えていくユーモラスさ。
そしてちょっぴりドキドキする展開。
そしてラストで登場する食べ物の美味しそうなこと!

ストーリーは、3匹のねずみがハイキングの帰りに道に迷ってしまい、
遠くに見えた家にとめてもらうことにします。

ところが家の中にはだあれもいません。

どうしようかと思いつつも、
3匹のねずみたちはとても疲れていたので
ベッドにもぐりこみますが・・・。

というストーリー。

息子も1歳8ヶ月。

最近はちょっと長めの絵本が読みたくなってきたらしく、
この絵本のように少しボリュームのある絵本も
読ませてくれるようになりました^^

ちょっとボリュームのあるストーリー展開なので、
2歳ぐらいからがおすすめだと思います。

ドキドキする展開もありますが、
ラストはハッピーエンドで終わるのでご安心を!

スポンサーリンク
レクタングル(大)
レクタングル(大)

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする


コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です