逃げたきんぎょはどこに行った?五味太郎の「きんぎょがにげた」

きんぎょが にげた (福音館の幼児絵本)

「なぜその絵本を読み聞かせたのかシリーズ」、
今回は五味太郎さんの「きんぎょがにげた」を
ご紹介します(^o^)/

スポンサーリンク

なぜ私がこの絵本を読み聞かせたのかと言うと、
これまたお祝いでいただいたのがきっかけでした。

逃げたきんぎょが部屋のあちこちに隠れているのを探す、
という絵本で、当時1歳そこらの息子にはまだ難しかったらしく、
しばらく封印。

でも、つい最近新しい本を読んで、とせがんでくるので、
1歳7ヶ月頃で試しに読み聞かせてみると、
ちゃんときんぎょがどこにいるのか指差してくれました(≧▽≦)

部屋のあちこちに紛らわしく隠れているきんぎょ。

まだ言葉はあまり話せないですが、

「ここ、ここ」

と指差してくれる姿に、
息子の成長を感じられて嬉しくなります。

色彩もカラフルで、
明るい色調なので、
見ていて楽しい絵本です^^

スポンサーリンク
レクタングル(大)
レクタングル(大)

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする


コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です